9/16(木)15~19時は、ZOOMでの「オンラインやわカフェ」!

ほかの人の秘密を守る、お互いの違いを認め尊重できる人なら、どなたでも参加できます!
LGBTQ当事者の方も、そうかもしれないな?と思う方も、そうでない方も、そのほかのマイノリティの方も、いろいろ知りたい!という方も、みんなでやわやわと(ゆっくり焦らず👌)お話ししましょう😉🌈😀

※ 8月につづいて、9月の「やわカフェ」も、オンラインで(Zoomを使って)開きます。夕方までやっているので、学校やお仕事のあとでも、スマホやPCから、気軽にご参加いただけます。

いつものとおり、どなたでも、また他の人の話を聞くだけでもOKで、出入りも自由です。お申込みは https://forms.gle/AGDh2hxP1cmjBrUr6 からどうぞ!


8/19「オンラインやわカフェ」参加申し込みのご案内(追加)

8/19の「オンラインやわカフェ」には、スタッフをあわせて、みんなで10人くらいがあつまれそうです!(8/18 20時時点)

「しまった!もうしこむの、わすれてた!」という人も、だいじょうぶ。19日になってからも、 https://forms.gle/MWSzQtoXh7uemSE38 からもうしこんでもらえれば、ZOOMで「やわカフェ」につなげるURLをお知らせします(URLのお知らせまでに、時間がかかることがあります)。

みなさまとお目にかかれるのを、たのしみにしております♪


8/19「オンラインやわカフェ」参加申し込みのご案内

8/16から、富山県のコロナ警戒(けいかい)レベルが、いちばん上の「レベル3」になりました。そのため、8/19のやわカフェは、スマートフォンやパソコンでつなぐ「オンライン」で開くことといたします。

参加を希望される方は、8/18(水) 20時ころまでに https://forms.gle/MWSzQtoXh7uemSE38 からお申し込みください。

※ 今回の「オンラインやわカフェ」は、13:00-17:00 の開催となります。


7/15 「やわカフェ」おはなし会のごあんない

【7/15「やわカフェ」のおしらせ】

やわカフェは、「ただ、あなたのままでいてよい」ところ。
みんなで「安心ルール」(ほかの人のひみつをまもる、自分の「ふつう」・「あたりまえ」を人におしつけない)をまもりながら、いろんなちがいをこえて、いろんな人とお話できる「おはなし会」です。
おきがるに、おこしください(お話を聞くだけでもOK)!

※ まずは、五福キャンパスの人文学部(図書館のとなり)の4階・411号室にいらしてください。会場にご案内します。スタッフは、来られた方の「よばれたい名前」だけ、おうかがいします(それ以外のことは、お聞きしません)。ご安心ください。

※ 【感染症対策】この行事は「富山大学における新型コロナウィルス感染症対策に関するガイドライン」に基づいて開催します。やむを得ず日時等を変更する場合は、ブログ http://diversitylounge.jp でお知らせします。ご来場前にお確かめください。また、感染症拡大防止のため、マスクをご着用ください。


KNBラジオで「やわカフェ」が紹介されました

KNBラジオ「でるらじ」で、ダイバーシティラウンジ富山と「やわカフェ」が紹介されました(2021年5月31日放送分の「ツクル、ミライ。~富山SDGs~」コーナー)。パーソナリティの木下一哉アナウンサーが、実際に多様性ライブラリまで来られて、実に丁寧に取材・インタビューをしてくださったこと、心からありがたく存じます。
当日の放送内容は、下のリンク先にアーカイブされており、簡単に再生できます。どうして富山で「ダイバーシティラウンジ富山」を立ち上げたのか、「やわカフェ」とはどんなところなのか、代表の林が話しておりますので、みなさまどうぞお聴きくださいませ~📻

https://www.knb.ne.jp/bangumi/derad/article_detail.html?sid=6646&date=20210531&rid=84


5/20 やわカフェ交流会+多様性ライブラリ公開

おまたせしました!2021年5月20日(第3木曜日)からは、「選べるやわカフェ」オープンです。参加のしかたは2とおり。お好きなほうを選んでください。

  1. 「多様性ライブラリ」にある本を、ゆった~り読む
  2. 「やわカフェ」(交流会)の会場で、いろんな人とお話する(聞くだけでもOK!)

やわカフェは、いろいろな性のありかたについて話したい・知りたい方が、おたがいを大切にする「安心ルール」(話したくないことは話さなくてよい、だれかがひみつにしておいてほしいことは他の人にぜったい話さない)を守って、お話ができる場所です。

5月20日のやわカフェは、コロナウイルスが広がるのをふせぐため、次の3つの時間に分けて開きます(休み時間には、空気を入れかえたり、つくえをふいたりします):①昼の3-4時、②昼の4時半-5時半、③夕方の6-7時。

やわカフェへの会場での参加をご希望の方は、上の①②③のいずれかのはじまりにあわせて、富山大学(五福キャンパス)人文学部の4階・411号室にある林研究室までおこしください。会場にご案内します。

※やわカフェおよび多様性ライブラリ公開(以下、本事業)における感染症対策について
 本事業は、ダイバーシティ&インクルージョンに関する大学での教育・研究活動を補完する取組として、毎週更新される「新型コロナウイルス感染拡大防止のための富山大学の活動指針」(以下、活動指針)の厳格な遵守の上で、開催をしております。
 2021年5月14日に更新された活動指針(同17日~23日、 https://www.u-toyama.ac.jp/news-topics/15857/ )は「レベル2(警戒)」となっており、20日の本事業の実施においても、十分な感染防止措置が求められています。
 このことを受け、20日の「やわカフェ交流会」は下記の「3つの時間帯」に分けて実施します(各時間帯の間には会場の十分な換気やテーブル類の拭き取り消毒等を行います)ので、予めご了承くださいますようお願いします。
 ①15:00-16:00 ②16:30-17:30 ③18:00-19:00


5/4 14:00-15:30「自分の町で、制度を変える~LGBT・SOGI地域アドボカシー報告会~」のご案内

自分の暮らす町をより暮らしやすく変えるために、役所や議会に働きかけたいけれど、何からどう始めればいい?/もっと効果的な働きかけ方法はない?」とお考えの皆さま。ダイバーシティラウンジ富山が賛同団体の一つとなっている全国組織、(一社)LGBT法連合会が、埼玉と福井を拠点とする団体の協力を得て、働きかけ(政策提言、アドボカシー)の具体例やコツをぎゅっと凝縮してお伝えするオンライン報告会を開催する運びとなりました。参加は無料、Zoomのウェビナー形式での開催なので、どうぞお気軽にご参加ください。
 
【14:00-15:00】
LGBT法連合会からの報告:自治体での政策提言の際に参考となる、国や先駆的自治体の施策の紹介/キリン福祉財団助成事業の紹介
ELLY 福井(福井県)の取り組み報告:自治体の書類から不要な性別欄を削除
レインボーさいたま(埼玉県)の取り組み報告:自治体職員・議員への学習会の開催/パートナーシップ制度からSOGI総合施策へ
 
【15:00-15:30】
質疑応答、交流の時間
 
※ 冊子体の報告書をご希望の場合、郵送料のみのご負担(500円)で入手できます(法連合会賛同団体には、無料でお届け予定です)。下のリンクからのお申し込みの際、チケットで「イベント参加+報告書」のほうを選択してください。郵送料のご負担方法については、のちほどLGBT法連合会事務局よりメールでご連絡を差し上げます。
 
【お申し込みは、下のリンクからどうぞ】
https://www.kokuchpro.com/event/782672aef047b367f8a6dc445335f2bf
 


「多様性ライブラリ」公開日のお知らせ

毎月、3ばんめの木曜日(2020年の4月~7月は、4月15日、5月20日、6月17日、7月15日 )の午後3時から午後7時は、予約をしなくても、だれでも(富山大学の学生でなくても、だいじょうぶです)ライブラリにある本を自由に見ることができる「オープン・デイ」です。

たとえば、自分の性別(せいべつ)の感じかたや、どんな性別の人を好きなるか・ならないかについて、まわりの人たちが「これがふつう、あたりまえ」って言うのを聞いていると、なんだか苦しくなる… そう感じながら生きてきた多様(たよう)な人たちの気持ちや生きかた、そして、みんながそれぞれの「ちがい」を大切にしながら生きていくためのヒントが、「多様性(たようせい)ライブラリ」にある本(絵本やマンガもあります)には、たくさんつまっています。

【電車・バスでの道あんない】富山市の市内電車の「大学前」駅か、バスの「富山大学前」でおりる → 富山大学五福(ごふく)キャンパスの入り口から、つきあたりにある図書館まで歩く → 図書館に向かって左にある人文学部(じんぶんがくぶ)のたてものの4階、411号室を見つける(エレベーターにのって4階でおりると、すぐ目の前です) → ドアをノックしてください。多様性ライブラリにごあんないします。

※ 来た人には、「多様性ライブラリがある部屋で、よばれたい名前」だけを聞きます。そのほかのこと(名前や性別、住所など)は、いっさい聞きませんし、話す必要もありません。

※ 小中高校の先生へ:児童・生徒の方とのご利用、また、授業で使用する教材や図書室・保健室等に配架する図書の検討など、必要がありましたら日時を別途ご相談して開室することが可能です。ブログページの「お問い合わせ」からご連絡ください。


【申込み3/15まで】無料郵送HIV検査キット、北陸3県で配布中です

よりくわしくは、こちらから→ https://check72.jp/

いま、自分で採血をして、封筒に入れて郵便で送ることで、無料でHIV検査の結果を知ることができるキットが配られています。

今回、このHIV検査キットをもらえるのは、富山県・石川県・福井県に住んでいるMSM(男性とセックスをする男性、男性とセックスをするトランスジェンダー)の人で、3月15日までに申込みをした人です。

検査キットは、自分の家で、郵便で受け取ることができます(白い封筒で届きます。検査キットが入っていることは、封筒を外から見てもわからないようになっています)。また、自分の家ではなく、郵便局留め(受け取りには、本人であることを確かめる書類が必要です)や、いくつかの受け取り場所(金沢のバーなど)で受け取ることもできます。

この検査キットの配布には、ダイバーシティラウンジ富山も協力をしています。ダイバーシティラウンジ富山(富山市五福地区)での受け取りを希望される方は、 https://check72.jp/ で申込みをする前に、かならず、このブログの「お問い合わせ」フォームから、ご相談ください(①申込む人の本名や住所はいっさいい必要ありません。②安心して・確実に受け取ってもらえる方法を相談させていただきますので、かならず Eメールアドレスを書いて、送信してください)。

※ この事業は、認定NPOぷれいす東京が、厚生労働省の補助を得て進めている、北陸3県のMSMの方向けの「郵送HIV検査キット配布」事業です。

 


「多様性ライブラリ」公開は毎月第3木曜日(変更の可能性あり)

多様性ライブラリを入り口から見た様子 多様性ライブラリ 本棚 多様性ライブラリ チラシ類

ダイバーシティラウンジ富山では、富山大学五福キャンパス内に多様な性に関する書籍をはじめ様々な多様性に関する資料をご覧頂ける「多様性ライブラリ」を設け、2020年12月から月1回程度の公開(原則として毎月第3木曜日の午後。詳細はこのブログで随時お知らせします)を行います。

収蔵・公開しているのは、小・中・高校生などの発達段階に合わせた児童生徒向けの図書(絵本やマンガもあります)や、教員向け図書のほか、性的指向・性自認にかかわる法律・制度に関する解説書や入門書、自治体や民間企業における取り組みを紹介する書籍、海外の事例や最新の研究動向を紹介する外国語書籍など、さまざまです(ISBNナンバーを持つ蔵書の一部はこちらのGoogleスプレッドシートでご確認いただけます。ソートや検索も可能です)。

上記のほか、各種イベントやシンポジウムで配布された、一般には販売されていない報告書類や、各地の団体を紹介するパンフレットなども、順次整理して公開しております。

この取り組みは、富山大学人文学部における多様性に関する事業の一部であり、同時に「地方都市の大学は「『LGBTQユースのための、持続的かつ安全・安心な居場所づくり』にどうかかわれるか?」について考えるための、一つの足掛かりでもあります。

ご関心をお持ちの方は、お気軽に問い合わせフォームからご連絡ください。

新聞に掲載された記事のご紹介:
竹田和博「色々な違い 考える場に 富山大学に『多様性ライブラリ』」『朝日新聞』2020年12月12日(富山版)掲載  https://www.asahi.com/articles/ASNDC7HD3NCYPISC00R.html
藤田愛夏「多様な性 学ぶ場に 富山大で図書室開設準備」『北日本新聞』2020年8月25日掲載 https://webun.jp/item/7688009