次回オープンデーは1/21(木)です

きょう(12/17)雪の中をお越しくださった皆さま、ありがとうございました。ゆっくりと本に目を通される方、お話に花が咲く方と、それぞれのスタイルで「やわカフェ」&多様性ライブラリを楽しんでいただけたこと、心よりうれしく思います。

2021年1~3月は、第3木曜(1/21、2/18,3/18)の15:00-18:30に開室しますので、どうぞお越しください。

※ COVID-19 の感染拡大状況によっては、大学構内への立ち入りが規制される場合があります。念のため、ご来場の前にこのブログでご確認ください。

【メディア掲載】北日本新聞に続き、朝日新聞でも紹介されました:やわカフェ・多様性ライブラリ

竹田和博「色々な違い 考える場に 富山大学に『多様性ライブラリ』」『朝日新聞』2020年12月12日(富山版)掲載  https://www.asahi.com/articles/ASNDC7HD3NCYPISC00R.html

藤田愛夏「多様な性 学ぶ場に 富山大で図書室開設準備」『北日本新聞』2020年8月25日掲載 https://webun.jp/item/7688009

12/17(木)15:00-18:30、「多様性ライブラリ」開放します

2020年11月から2021年3月は、毎月「第3木曜日」を多様性ライブラリの「オープンデー」(予約がなくても、入室・閲覧できる日)としています。いろんなセクシュアリティのことを知るための本や雑誌(がんばってそろえています。絵本やマンガもありますよ)を見てみたいな…という方はどうぞお越しください。※ お話し会や交流会といったイベントは、特に用意していません。いつ来ても・いつ帰ってもOKです。

・ご利用をご希望の方は、まずは五福キャンパス人文学部棟4階の411号室(林研究室)にお立ち寄りください。会場までご案内します。(学外から車でお越しの方は、五福キャンパス正門の守衛室で当日入構の手続きをなさってください)
・ご来場の方には、スタッフが「呼ばれたい名前」だけをお聞きします。それ以外のプライベートな情報(性別、セクシュアリティ、所属や年齢など)は、一切おうかがいしません。
・ご来室の皆さんのプライバシーを最大限に守るため、次のとおりグランド・ルール(安心ルール)を用意していますので、ご協力ください。
(1) どの人がどんなセクシュアリティを生きているかは、外見からはわからないことがあります。名前や見た目、服装などで、勝手にセクシュアリティを判断しないようにしましょう。
(2) 人に聞かれても言いたくないことは、言わなくてもかまいません。「イヤ」ということもOKです。
(3) ほかの人とお話するときは、相手の話をさえぎることなく、最後まで聞きましょう。
(4) ほかの人の意見に対して、「批判」や「決め付け」の発言は控えましょう。
(5) お話をして仲良くなり、会話のなかでいろいろな個人情報(名前、セクシュアリティなど)を知った場合でも、本人の許可なしにほかの人に話したり、SNSやブログに投稿したりすることは、絶対になさらないでください。

・読書用に、ソファとローテーブル、また(晴れていれば)立山が見える窓に向かってイスとテーブルが設置してあります。
・感染症予防のため、マスクの着用をお願いいたします。会場入り口には、手指消毒用のアルコールスプレーも設置しています。
・会場には、湯沸かしポット、コーヒー豆、グラインダー(手動・電動)、コーヒー用のシロップなども用意してあります。セルフサービスでお楽しみください。※ この方式での飲み物セルフサービスは今回が初めての試みであるため、いろいろとご不便をおかけするかもしれません。今後は使い勝手をよくするために工夫を重ねていきますので、何卒ご了承ねがいます。

【無料・要申込 9/20(日) オンライン配信「日本と韓国、地方のクィアな若者たち」】

活動開始からそろそろ5年を迎えるダイバーシティラウンジ富山 DLT は、これまで韓国・ソウルのパレードやフェスティバルにも参加してきました。その中で、わたしたちが「ええっ、これ、本当に?!」と驚いたこととは?「おおお、なるほど、その視点があったか!」と感服したこととは? そして、「そうか、その背景には、こんな歴史や最近の動きがあったんだ…」と深く考えされられたこととは?

今回は、大阪 dista を拠点にご活躍中の「あんにょんパンド」の皆さんによるオンライン配信番組にDLT代表の林がお邪魔して、そんなこんなのよもやま話をちょこーっとさせていただきます。先着予約が50名に達した時点で受付終了となるそうですので(しかもすでに予約が埋まりはじめている様子)、ご関心のある方はぜひ、早めにご予約ください。では、オンラインでお目にかかります!

(以下、あんにょんパンドさんによる紹介文の転載です)

あんにょんパンド 第6回 ZOOM配信
『日本と韓国、地方のクィアな若者たち』
日時:9月20日(日)20時〜
ゲスト:、林夏生さん(富山大学)、城さん(韓国からの元留学生)、Cozyさん(ポリグロットうちなーんちゅ・クィアフェミニスト)
参加:無料
申し込みはこちらより→
日韓の若者交流を支えてきた林さんが、「地方」都市で育った若者たちと語り合う国際関係論🏳️‍🌈入門。ぜひご参加ください😊
◎以下のような内容を予定しております。
1. 日本や韓国の地方におけるセクシュアルマイノリティ若者の現状。
2.林さんが取り組まれてきた両国の学生交流。
3.日韓の若者に聞くリアルな声。
◎もう少し具体的には
・地方、若者って言うけど日本と韓国ではどう違う?
・韓国や日本各地のプライドパレードはどんな感じ?
・社会運動の中心は若者?
・社会変化て市民によってできる?
・インターセクショナリズム て何?
・ クィアてLGBT だけ?

「多様性ライブラリ」開設準備中です!

多様性ライブラリを入り口から見た様子

多様性ライブラリを入り口から見た様子 多様性ライブラリ 本棚 多様性ライブラリ チラシ類

ダイバーシティラウンジ富山では、富山大学五福キャンパス内に多様な性に関する書籍をはじめ様々な多様性に関する資料をご覧頂ける「多様性ライブラリ」を開設するための準備を進めています。
現在の蔵書一覧はこちらのGoogleスプレッドシートでご確認いただけます。(ソートや検索も可能です)

また、海外の書籍や一般に販売していない報告書やパンフレットなども用意しております。

この取り組みは、地方都市の大学は「『LGBTQユースのための、持続的かつ安全・安心な居場所づくり』にどうかかわれるか?」を考える中の、一つの足掛かりでもあります。

ご関心をお持ちの方は、お気軽に問い合わせフォームからご連絡ください。

【中止となりました】 要申込 2/29 高岡市男女平等推進センター企画講座「多様な性を生きる人たちが自分らしく幸せに暮らせる街へ~誰も取り残さない高岡を目指して~」

(2020/2/28追記)高岡男女平等推進センター企画講座「多様な性を生きる人たちが自分らしく幸せに暮らせる街へ~誰も取り残さない高岡を目指して~」は、中止となりました。

直前のお知らせとなり大変恐縮ですが、何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

2月29日(土)にウィングウィング高岡において開催される、高岡市男女平等推進センター企画講座「多様な性を生きる人たちが自分らしく幸せに暮らせる街へ~誰も取り残さない高岡を目指して~」にて、代表の林が講師を務めます。

センター企画講座「多様な性を生きる人たちが自分らしく幸せに暮らせる街へ~誰も取り残さない高岡を目指して~」

身体の性、性自認、性的指向、性表現…
これらの要素の組み合わせは多様です。
私たちは一人ひとり、顔や性格が違うように性のあり方もそれぞれ多様です。
ありのままに生きるには…

それができる高岡を目指して一緒に考えてみませんか。

日時:2020年2月29日(土曜日)午後1時30分~4時10分

場所:高岡市男女平等推進センター会議室(ウイング・ウイング高岡6階)

講師:林 夏生(富山大学人文学部准教授・ダイバーシティラウンジ富山)
レインボーハート富山(男女平等推進センター活動登録団体)

申込み方法:申込書にご記入のうえ、FAX、E-mail、電話のいずれかでセンターへお申し込みください。

託児:満1歳以上~就学前のお子さんの託児を無料で実施します。(定員4名)申込書にご記入のうえ、FAX、E-mail、電話のいずれかでセンターへお申し込みください。※託児の申込締切は2月14日(金)です。

高岡市男女平等推進センターのページに、チラシや申し込み用紙がございます。
お申し込みの上、どうぞご参加ください。

1/20-25 パネル展「性の多様性と、自治体に求められる取り組み」実施中!

富山市役所本庁舎1階の多目的コーナーにて、パネル展を開催しております。
このパネル展では、性の多様性に関する基礎知識や自治体に求められる取り組み、SOGIハラやアウティングの解説に加え、先日行われた「性の多様性に関する職員研修」を受けたし職員へのアンケート結果も紹介しています。市役所にお越しの際には、どうぞお立ち寄りください。

なお、おなじスペースで行われている「富山市SDGsウイーク 富山市企画展」では、「とほ活アプリ」のイベントポイントもためることができるそうです。ポイントを貯めている方も、そのついでにぜひご覧ください。

富山市 市職員向け研修実施を実施しました

富山市公募提案型協働事業として採択された「『多様な性』について知るための市民・市職員向け啓発事業」の一環として、LGBT法連合会事務局長の神谷事務局長を招き、「性の多様性に関する職員研修」を行いました。
 
職員の皆様にはワークにも積極的に取り組んでいただき、性の多様性に関する知識を得る機会としていただけたかと思います。

1/20(月)午後からは、市役所本庁舎1階の多目的コーナーにて、第2回パネル展「性の多様性と、自治体に求められる取り組み」を開催いたします。このパネル展では、性の多様性に関する基礎知識や自治体に求められる取り組みに加え、研修を受けた職員へのアンケート結果なども紹介する予定です。どうぞお気軽にお越しください。

10/20やわカフェ@ほとり座最終回 無事終了の御礼

10/20のやわカフェ@ほとり座は無事終了いたしました。皆様ありがとうございました!
ほとり座さんで開催するやわカフェはいったん終了となりますが、今後も何かの形で「やわカフェ」を開催できればと考えています。時期は未定ですが、詳しいことが決まった際にはブログなどでお知らせします!

10/13 13-14時 台湾・国立政治大学USR(大学の社会的責任)プロジェクトチームとの懇談会 in 富山大学

(※ 開催の可否は、「12日夕方」の時点での台風情報をふまえ、ここで改めてお知らせいたします。)

  

同じ街に住んでいても、ジェンダー・年齢・家族構成・使用言語など、自分との「ちがい」を持つ人々の困りごとには、私たちはなかなか気づけません。では、そのような多様な人々が直面している問題を見つけ、一緒にその解決を目指すため、そして多様な人々が共に参加し、支え合い続けられる街を作るために、大学ができること・なすべきこととは何でしょうか?
今回は、こうした課題に率先して取り組んでおられる国立政治大学(富山大学の学術交流協定校)の社会科学院院長・副院長、および「興隆安康・共好文山USR計画」チームの方々から、その内容や目標について、具体的に紹介していただきます(日本語通訳あり)。皆様どうぞご参加ください。

日時:2019年10月13日 13:00-14:00
会場:富山大学五福キャンパス 災害対策プラザ(正門を入ってすぐ右手の建物)
対象:教職員、学生(入場無料、申し込み不要)
主催:富山大学人文学部 林夏生研究室 ダイバーシティラウンジ富山事務局