富山県民男女共同参画計画<第4次>案に関する共同要望書を県議会議員に提出いたしました!

2017年2月27日、ダイバーシティーラウンジ富山・レインボーハート富山・アムネスティーインターナショナル日本の3団体は、富山県民男女共同参画計画<第4次>案の発表を契機として、「性的指向・性自認を問うことなく『すべての人』の尊厳が尊重されるよう望む」とする共同要望書を、県議会議員の皆さま宛に提出しました。詳細は下記リンクからご確認ください。

http://www.amnesty.or.jp/news/2018/0227_7318.html

【拡散・シェア歓迎 11/26締め切り! 「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する意識調査」ご協力のお願い】

「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する意識調査」が行われています。この調査は「オフィスビルに勤めるトランスジェンダーの方(性同一性障害の方、Xジェンダーの方等も含む)」が対象となっています。
ご協力いただける方は、以下のサイトにアクセスし、ご回答ください。
https://www.net-research.jp/airs/exec/rsAction.do?rid=866085&k=7c4f563647

また、拡散やシェアも歓迎とのことですので、ご関心のある方には、ぜひお知らせください。

以下に、アンケートのご案内を、転載いたします。

=====================================
【拡散・シェア歓迎】
*****「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する意識調査」ご協力のお願い*****

オフィストイレのオールジェンダー利用に関する研究会
代表 岩本健良(金沢大学准教授)

トイレ利用についての現状や困りごと・要望・トイレモデル事例への評価、などを、「オフィスビルに勤めるトランスジェンダーの方」にお伺いしています(性同一性障害の方、Xジェンダーの方等も含みます)。

個人が特定されることのないアンケートです。

当事者の声が具体的にトイレや職場環境の改善に反映される機会ですので、ぜひご協力をお願いします。拡散・シェア・転送も歓迎です。

【注意事項】
1. 個人情報は一切書く必要はありません。
 (あわせて、12月にインタビューを受けてもよいという方を募集しています。その方には連絡先メールアドレスを記入いただく欄があります(お示しした日のうち1日(の一部)でも可能な日があれば、インタビューにご応募いただけます)。

2. 回答方法
 次のサイトに直接アクセスし、説明をご覧の上、ご回答ください。
・「オフィスビルで働く」は広くお考えいただき、オフィスで働く方で条件に該当する方は是非ご回答下さい。
・パソコンも利用可能な方は、パソコンからの方が回答が楽かもしれません。
https://www.net-research.jp/airs/exec/rsAction.do?rid=866085&k=7c4f563647

3. お知り合いの方にもこの調査のことをご案内いただけると大変ありがたいです。

4. 締め切り:11月26日(日)23:59まで

5. 調査に関するお問い合わせ先
 株式会社アビス(調査会社)info@abyss-co.com

—以上—-
=====================================

【8/18(金)NHK富山TVで「やわカフェ」の様子などが紹介されます】

2017年7月6日、NHK富山放送局のローカルニュース「ニュース富山人」内の年間キャンペーン特集「ともに、輝く。多様性のある社会へ」の中で、去る5月28日の「第1回とやまレインボーデイ・LGBTQ+Ally やわカフェ」の様子などが詳細に紹介されました。
そしてなんと、この回の内容が大変好評だったことから、8月14日-18日に再放送される「ともに、輝く。セレクション」(合計5本)中の一作に選ばれたとのことです!
非常に丁寧に取材をされた上で作られ、当日の会場や参加者の様子などがよくわかる特集となっていますので、皆様どうぞご覧ください!

放送日時:8月18日(金)18:10-19:00「ニュース富山人」内「ともに輝く。LGBTの味方になりたい」

 

【パブコメ、出してみませんか?】教職課程コアカリキュラム案(-6/25)、「自殺総合大綱」見直し素案(-6/27)

パブコメ、みんなでいっしょに考えんけ?送らんけ?

現在、①教職課程コアカリキュラム案に関する意見募集 (6月25日締切)と ②「自殺総合対策大綱」の見直し素案に対する意見募集 (6月27日締切)という、2つの重要な「パブリック・コメント」の募集が行われています。

① 「教職課程コアカリキュラム」とは、大学での教員育成をある程度の統一目指すものですが、現在の案には人権や性的マイノリティに関する記述はありません。遠藤まめたさんのブログ記事「教職課程コアカリキュラムにLGBTを」がとても分かりやすいので、ぜひご参照ください。

② 「自殺総合対策大綱」は、2012年の見直しの際に「性的マイノリティがハイリスク集団である」ことが盛り込まれ、今回の案でも様々な省庁での取り組みが記載されているものの、若年層や地方での取り組みに関しては不十分な部分もあるように思われます。

パブリックコメントの出し方は、上記の意見募集のURLに進んで、意見提出フォームに従って記入するだけです。氏名や住所の記入欄もありますが、任意なので記入しなくても問題ありません。

書きたいことはあるけどうまく文章にはまとめられない、という方はダイバーシティラウンジ富山パブコメ送信フォームを使って、あなたの思いを私たちにお伝えください。いただいたコメントを私たちがまとめて、パブリックコメントとして提出いたします。

 

5/27 13-15時「やわカフェ」やります!(参加予約必要)

ダイバーシティラウンジ富山では、5月27日に「やわカフェ」として、交流会を開きます。この交流会では、「やわやわ(ゆっくり)と交流の輪を広げましょう」という意味を込めて、LGBT当事者の方やアライの方はもちろん、アライになりたいという方の参加も歓迎します。

参加をご希望の方は5月24日までに、富山大学人文学部 林研究室までご連絡ください。
レインボーハート富山の会員の皆さんは、別途受け付けます。

日時:5月27日13:00~15:00
場所:富山大学五福キャンパス(詳細は、参加する方だけにお伝えします)

当日はメディア取材もありますが、プライバシー保護には万全の配慮を行います。また、すべての参加者にグランドルール(プライバシーを守る決まり)を順守して頂きますので、安心してご参加ください。

※今後より詳しい情報をこのブログで紹介いたしますので、ぜひご覧ください。



【4/13(木) “CLOSET IN HOKURIKU”がNHK富山「ニュース富山人」で紹介されます】

「ともに、輝く。多様性のある社会へ」を2017年度のテーマとして掲げるNHK富山放送局が、関連特集の第2弾として “CLOSET IN HOKURIKU” を取り上げてくれました。去る3/26、レインボーハート富山さんのパネル展での様子や、富山の皆さんのインタビューなどが放送される予定です。富山在住の皆さま、ぜひご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/toyama/tomonikagayaku/index.html

【第2回パネル展 無事開催】2017年3月26日、富山市民プラザにて「第2回”CLOSET IN HOKURIKU”写真パネル展」を開催いたしました

今回は富山の市民団体「レインボーハート富山」さん主催のパネル展の一部という形で開催できたため、非常に恵まれた環境の中、70人を超える方々にご覧いただくことができました。写真・メッセージをお寄せいただいた皆様とレインボーハート富山の皆様に、この場を借りて深く御礼を申し上げます。(当日の詳しい様子はこちら→ レインボーハート富山ブログ記事「『展示&交流会』ご参加ありがとうございました☆」)

早速ですが、次回は5月末に第3回のパネル展を企画しております。5月25日までに到着した写真・メッセージは第3回のパネル展にて展示させていただきますので、以下の投稿ページから奮ってご参加ください!



【匿名でカンタン投稿OK!】CLOSET IN HOKURIKU写真メッセージの投稿方法

CLOSET IN HOKURIKUには、「(ごく一部の親しい友人等を除いて)カミングアウトしていないけれど、ほんとうは伝えたいメッセージがある!」という北陸の性的マイノリティの方であれば、どなたでも、匿名で簡単にご参加いただけます。

※現在は特別に「応援参加」として、北陸地域以外のクローゼットの性的マイノリティで「伝えたいメッセージがある」という方からのご応募も受け付けております。
応募方法はカンタン!

1.パネル展プロジェクトの特設ページにアクセス。

2.趣旨説明や参加ガイドラインをよく読む。

3.投稿フォームへアクセス。(上手く表示されない場合は PC用・ iOS端末用・ android端末用のそれぞれのフォームをお試しください)

4.送信フォームに必要事項を記入し画像も添付

5.記入漏れが無いか確認し「送信する」ボタンを押す

スマートフォンからの投稿方法の説明書(pdfファイル)もございます。投稿の仕方がわかりづらい場合はこちらもご覧ください。