【申込不要・無料 4/30(月・祝)13:00~ 大型シンポジウム「SOGIは今? ~歴史と国際から見る今後~」開催!】

大型シンポジウム「SOGIは今? ~歴史と国際から見る今後~」

日時:4月30日(月・祝) 13:00~17:30
会場:明治大学駿河台キャンパスグローバルフロント
参加費:無料

プログラム
 全体会 13:00~
  基調講演1:基調講演1:国際的な判例や法制度の動向
       谷口 洋幸氏(金沢大学国際基幹教育院准教授)
  基調講演2:支援の現場から
       原ミナ汰氏(LGBT法連合会共同代表)
  パネルディスカッション:
  歴史と国際から見る今後のSOGI動向~2020後の展開は~
   モデレーター:
    林 夏生(LGBT法連合会共同代表)
   パネリスト:
    ・兼子 歩氏 (明治大学政治経済学部専任講師)
    ・谷口 洋幸氏 (金沢大学国際基幹教育院准教授)
    ・内藤 忍氏(労働政策研究・研修機構副主任研究員)
    ・原 ミナ汰氏(LGBT法連合会共同代表)

 分科会 15:30~17:30
  分科会1 「教育の現場から ~大学の場合~」
  分科会2 「法律が出来たことによって各国はどう変わった?」(言語:英語 随時、日本語通訳つき)
  分科会3 「裁判から見る法整備のニーズ ~ワークショップを交えて~」
  分科会4 「雇用・労働の現場から」

(チラシpdfファイルはこちら

代表の林も「国立大学法人の規則・規程・指針・ガイドライン等における SOGI への言及状況調査」と題し、日本の国立大学の文書において、どのようにSOGIへの言及がされているかを報告いたします。
シンポジウムの詳細は、東京レインボープライドの特設ページでご確認ください。
皆様のご参加、お待ちしております。


【3/5(月)は福井「はたらくダイバーシティーフォーラムへ!】

代表の林が、福井出身YouTuberの「かずえちゃん」と一緒に講演をさせていただきます。

2018はたらくダイバーシティーフォーラム IN FUKUI

開催日程:2018年3月5日(月) 10:00~17:00
会場:福井県福井市手寄1−4−1 アオッサ6階 研修室・県民ホール
参加申込:以下のURLの仁愛大学のページより、プログラムと申込用紙をダウンロードできますが、事前申し込みなしでご参加いただいても問題ないとのことです。
http://www.jindai.ac.jp/department/human/communication/pickup/002677.html

富山県民男女共同参画計画<第4次>案に関する共同要望書を県議会議員に提出いたしました!

2017年2月27日、ダイバーシティーラウンジ富山・レインボーハート富山・アムネスティーインターナショナル日本の3団体は、富山県民男女共同参画計画<第4次>案の発表を契機として、「性的指向・性自認を問うことなく『すべての人』の尊厳が尊重されるよう望む」とする共同要望書を、県議会議員の皆さま宛に提出しました。詳細は下記リンクからご確認ください。

http://www.amnesty.or.jp/news/2018/0227_7318.html

予約申込不要 2/24 サテライト講座「男女・LGBTだけじゃない、いろいろな性と平等の話」

五福公民館において開催される富山市男女共同参画サテライト講座「男女・LGBTだけじゃない、いろいろな性と平等の話」にて、代表の林が講師を務めます。

富山市の男女共同参画サテライト講座
 「男女・LGBTだけじゃない、いろいろな性と平等の話」

概要:「LGBT」「性的マイノリティ」とされる方々の中には、
いまだに根強い差別や「生きづらさ」に直面し、誰にも相談
できない悩みをかかえておられる方も少なくありません。
 多様な性のありようを知り、当事者の方々の貴重な体験談や
思いにも耳を傾けることで、どうすれば「全ての人が互いを尊重し、
自分らしく生きられる社会」をつくれるのか、一緒に考えて
みたいと思います。

講師:林 夏生 富山大学人文学部准教授・ダイバーシティラウンジ富山代表・LGBT法連合会共同代表
   レインボーハート富山の皆さん

日時:2018年2月24日(土)10:00-11:30
場所:五福公民館2階大会議室(五福4431−1)
※ 駐車場に限りがあるため、公共交通機関をご利用ください。

予約や事前申し込みは不要ですので、直接会場にお越しください。
詳細は http://www.city.toyama.toyama.jp/data/open/cnt/3/16680/1/0224.pdf でご確認いただけます。


【拡散・シェア歓迎 11/26締め切り! 「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する意識調査」ご協力のお願い】

「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する意識調査」が行われています。この調査は「オフィスビルに勤めるトランスジェンダーの方(性同一性障害の方、Xジェンダーの方等も含む)」が対象となっています。
ご協力いただける方は、以下のサイトにアクセスし、ご回答ください。
https://www.net-research.jp/airs/exec/rsAction.do?rid=866085&k=7c4f563647

また、拡散やシェアも歓迎とのことですので、ご関心のある方には、ぜひお知らせください。

以下に、アンケートのご案内を、転載いたします。

=====================================
【拡散・シェア歓迎】
*****「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する意識調査」ご協力のお願い*****

オフィストイレのオールジェンダー利用に関する研究会
代表 岩本健良(金沢大学准教授)

トイレ利用についての現状や困りごと・要望・トイレモデル事例への評価、などを、「オフィスビルに勤めるトランスジェンダーの方」にお伺いしています(性同一性障害の方、Xジェンダーの方等も含みます)。

個人が特定されることのないアンケートです。

当事者の声が具体的にトイレや職場環境の改善に反映される機会ですので、ぜひご協力をお願いします。拡散・シェア・転送も歓迎です。

【注意事項】
1. 個人情報は一切書く必要はありません。
 (あわせて、12月にインタビューを受けてもよいという方を募集しています。その方には連絡先メールアドレスを記入いただく欄があります(お示しした日のうち1日(の一部)でも可能な日があれば、インタビューにご応募いただけます)。

2. 回答方法
 次のサイトに直接アクセスし、説明をご覧の上、ご回答ください。
・「オフィスビルで働く」は広くお考えいただき、オフィスで働く方で条件に該当する方は是非ご回答下さい。
・パソコンも利用可能な方は、パソコンからの方が回答が楽かもしれません。
https://www.net-research.jp/airs/exec/rsAction.do?rid=866085&k=7c4f563647

3. お知り合いの方にもこの調査のことをご案内いただけると大変ありがたいです。

4. 締め切り:11月26日(日)23:59まで

5. 調査に関するお問い合わせ先
 株式会社アビス(調査会社)info@abyss-co.com

—以上—-
=====================================

【9/17シンポ 大好評の内に終了】

現在集計中のアンケートによれば、ご来場いただいた方の満足度は非常に高かった模様で、たいへん嬉しく思っております。これもみな、時宜を得た自治体悉皆調査を達成された科研調査メンバーの皆さまと、その意義深さを的確にお示しくださった谷口先生、北陸とは似ているようで違う東北地方ならではの「市民と行政の協働」の現状に根差し、北陸で活動する全ての人への熱いエールを送ってくださった小浜さん、ユーモアを交えながら非常に具体的かつ分かりやすくアドボカシーの方法を伝えてくださった岩本先生、そして何よりも、台風が迫るなか会場にお集まりくださった、熱意ある聴衆の皆さんのおかげかと存じます。ほんとうに、ありがとうございました!

 

【9/17シンポ 参加受付開始(先着60名)】

富山大学人文学部 公開シンポジウム
地方都市におけるジェンダー平等と行政へのアドボカシー
北陸と東北の<知恵>を富山でつなぐ

日時:2017年9月17日(日)12:30開場 13時~17時
オーバードホール ハイビジョンシアター(富山駅北口)
参加費無料・要予約(先着60名)

プログラム:
13:00- ご挨拶・シンポジウム趣旨説明 – 林夏生(富山大学人文学部准教授)
13:10- 講演①「自治体におけるLGBT/SOGI施策:2016年全国悉皆調査からみる現状と課題 」- 谷口洋幸氏(高岡法科大学法学部教授)
14:00- 講演②「地方の性的マイノリティが社会化すること~東北地方自治体の男女共同参画基本計画策定への政策提言と官民協働の相談支援体制の構築を例に」- 小浜耕治氏(レインボー・アドボケイツ東北代表)
14:50- 講演③ 「行政・職員の力とやる気を引き出すには?」
– 岩本健良氏(金沢大学人間社会研究域人間科学系准教授)
16:00- 質疑応答・対話の時間(17:00 終了予定)

約2,000もの日本の全自治体のLGBT/SOGI施策、初の「悉皆調査」の結果から見えてきた現実とは?
実際に東北で「行政を動かした」市民からの働きかけ(アドボカシー)とは、どのようなものだったのか?
北陸と東北の<知恵>を共有する対話が、いま、始まります。

ジェンダー平等に限らず、効果的な行政へのアドボカシーにご関心がおありの方は、どうぞ奮ってご参加ください。

参加ご希望の方は、こちらのフォームからお申し込みください。
http://www.diversitylounge.jp/0917form/postmail.html

【8/18(金)NHK富山TVで「やわカフェ」の様子などが紹介されます】

2017年7月6日、NHK富山放送局のローカルニュース「ニュース富山人」内の年間キャンペーン特集「ともに、輝く。多様性のある社会へ」の中で、去る5月28日の「第1回とやまレインボーデイ・LGBTQ+Ally やわカフェ」の様子などが詳細に紹介されました。
そしてなんと、この回の内容が大変好評だったことから、8月14日-18日に再放送される「ともに、輝く。セレクション」(合計5本)中の一作に選ばれたとのことです!
非常に丁寧に取材をされた上で作られ、当日の会場や参加者の様子などがよくわかる特集となっていますので、皆様どうぞご覧ください!

放送日時:8月18日(金)18:10-19:00「ニュース富山人」内「ともに輝く。LGBTの味方になりたい」

 

【パブコメ、出してみませんか?】教職課程コアカリキュラム案(-6/25)、「自殺総合大綱」見直し素案(-6/27)

パブコメ、みんなでいっしょに考えんけ?送らんけ?

現在、①教職課程コアカリキュラム案に関する意見募集 (6月25日締切)と ②「自殺総合対策大綱」の見直し素案に対する意見募集 (6月27日締切)という、2つの重要な「パブリック・コメント」の募集が行われています。

① 「教職課程コアカリキュラム」とは、大学での教員育成をある程度の統一目指すものですが、現在の案には人権や性的マイノリティに関する記述はありません。遠藤まめたさんのブログ記事「教職課程コアカリキュラムにLGBTを」がとても分かりやすいので、ぜひご参照ください。

② 「自殺総合対策大綱」は、2012年の見直しの際に「性的マイノリティがハイリスク集団である」ことが盛り込まれ、今回の案でも様々な省庁での取り組みが記載されているものの、若年層や地方での取り組みに関しては不十分な部分もあるように思われます。

パブリックコメントの出し方は、上記の意見募集のURLに進んで、意見提出フォームに従って記入するだけです。氏名や住所の記入欄もありますが、任意なので記入しなくても問題ありません。

書きたいことはあるけどうまく文章にはまとめられない、という方はダイバーシティラウンジ富山パブコメ送信フォームを使って、あなたの思いを私たちにお伝えください。いただいたコメントを私たちがまとめて、パブリックコメントとして提出いたします。