2/18・26はオープン・デイ(15:00-18:30 多様性ライブラリ開放)

たとえば、自分の性別(せいべつ)の感じかたや、どんな性別の人を好きなるか・ならないかについて、まわりの人たちが「これがふつう、あたりまえ」って言うのを聞いていると、なんだか苦しくなる… そう感じながら生きてきた多様(たよう)な人たちの気持ちや生きかた、そして、みんながそれぞれの「ちがい」を大切にしながら生きていくためのヒントが、「多様性(たようせい)ライブラリ」にある本(絵本やマンガもあります)には、たくさんつまっています。

毎月、3ばんめの木曜日の午後3時から午後6時30分は、予約をしなくても、だれでも(富山大学の学生でなくても、だいじょうぶです)ライブラリにある本を自由に見ることができる「オープン・デイ」です。先月は新型コロナが広がらないよう、大学の中に入れなくなったためにお休みをしてしまいましたが、今月はいつもどおり、2月18日(木曜日)の午後3時から、みなさんをお待ちしています。

なお、2月18日の富山市では大雪がふるかもしれないため、2月26日(金曜日)も追加で「オープン・デイ」として、おなじく午後3時から、多様性ライブラリの本を見てもらえるようにします。大雪がふったときは、道がとても歩きにくくなったり、電車やバスがおくれたりとまったりするので、じゅうぶん気をつけて、おすごしください。

※ 来た人に聞くのは、「多様性ライブラリがある部屋で、よばれたい名前」だけです。そのほかのこと(名前や性別、住所など)は、いっさい聞きませんし、話す必要もありません。

【電車・バスでの道あんない】富山市の市内電車の「大学前」駅か、バスの「富山大学前」バス停で降りる → 富山大学五福(ごふく)キャンパスの入り口から、つきあたりにある図書館まで歩く → 図書館に向かって左にある人文学部(じんぶんがくぶ)のたてものの4階、411号室を見つける(エレベーターに乗って4階で降りると、すぐ目の前です) → ドアをノックしてください。多様性ライブラリにごあんないします。

※ 小中高校の先生へ:児童・生徒の方とのご利用、また、授業で使用する教材や図書室・保健室等に配架する図書の検討など、必要がありましたら日時を別途ご相談して開室することが可能です。ブログページの「お問い合わせ」からご連絡ください。